アイシンミシン 評判2

アイシンミシン 評判2

 

今から二年前か三年前のことです。

 

 

当時の私は手芸が好きになり、特に裁縫を独学で身につけようと夢中になっていました。

 

 

そのきっかけは丈の合わないズボンです。

 

 

当時の私はファッションのことが分からず、とにかく目についた服を購入して失敗するという結果を繰り返していました。そのなかで多かったことが丈の合わないズボンを購入するということでした。

 

 

丈が合わないズボンを購入してしまう理由はひとえに着合わせしなかったからですが、それなら店側に依頼したり購入する前に着合わせすれば良いだけのことですが、当時の私はそれを口に出す勇気や十分なお金を持っていませんでした。

 

 

しかし最大の理由はその頃の私は学生で、学校で苛められてたのです。つまり他人が怖くて仕方がありませんでした。

 

 

他人を頼れないなら自分で何とかするしかない。

 

 

そう決意した私は家にあった裁縫道具で余った丈の部分を切断し、人の目に触れてもおかしくないように丁寧に縫っていきました。

 

 

そしてあらたに出来上がったズボンは足にフィットし、動きやすくて私は久しぶりに「嬉しい」という気持ちを噛み締めたのです。

 

 

そんなきっかけだったためか、私は裁縫にのめり込んでいきました。

 

 

しかし一つだけ問題があり、それについて私は悩むこととなったのです。その問題とは家にミシンがないことでした。

 

 

私が子供だった時にはミシンはありましたが、使用される機会がなくなったので親が売ってしまったのです。

 

 

家の中を探し回って一つだけミシンを探し出せましたが、それは足で操作する古いタイプのもので使い勝手が良くありませんでした。

 

 

そのためミシンが欲しくなったのですが、高額な商品であるミシンを購入することに抵抗がありました。

 

 

金額も理由のひとつですが、実は私が裁縫に興味を持っていることを利用して、姉が近所で行なわれていた和裁の教室に通うことをすすめてきたのです。

 

 

その和裁の教室では熟練者になると依頼を受けることが可能となり、お金を独自にもらう事ができるシステムがありました。

 

 

その姉の思惑を姉の顔に泥を塗ることで防げましたが、これ以上裁縫を続ければこのようなことがあるんじゃないかと憂鬱になりました。

 

 

けれど好きになったものは忘れたくなかった私はネットでミシンを調べていくうちに「アイシンミシン」と巡り合ったのです。

 

 

とても手頃な値段であり、シンプルな機能しかないミシンとそれまで見つけることがなかったので助かりました。

 

 

姉の目があるので好きに出す事は叶いませんが、想像以上に使いやすくて嬉しい限りです。